問い合わせ・相談
オンライン診療

お知らせ

  1. 瀬尾医院
  2. お知らせ
  3. お知らせ

お知らせ

がん患者へのワクチン

先週はヨーロッパのがん学会(ESMO)がありました。その中で固形がんで化学療法や免疫チェックポイント阻害薬を投与されている患者さんたちに対するコロナワクチン効果(抗体価)が出ていましたので掲載しておきます。

LBA8_COVID_vaccination

コントロールが健常人になります。このデータだと免疫チェックポイント阻害薬や抗がん剤治療をしている人でも2回ワクチンを接種していれば抗体価はしっかりと上昇するようです。

これがどれくらい継続するのか、抗体が減ってもMemory B細胞があるから大丈夫など様々な情報がありますが、実際は分かっていないことの方が多いと思います。初めてのmRNAワクチン、ブレークスルー感染がどういった集団に起きやすいのかなどこれからデータが蓄積されて検証されていかないと分からないことが多いです。そのデータをこのように提示してくれる研究者の先生方には感謝しかありません。このようなデータをもとにして実臨床にいろんなことを生かしていきたいと瀬尾医院は思っております。

2021.09.21 |

今年のインフルエンザ、、、

昨年は新型コロナウイルス流行、ステイホームなどのためにインフルエンザが世界的に流行しませんでした。

具合の悪い人のイラスト(男性)

今年も昨年並みの流行であるのであれば、インフルエンザが問題になる可能性は非常に低いという予想も立ちます。

ただ、今の政府の方針などを見ると10月以降に新型コロナウイルスワクチン接種済みの人たちなどの行動制限は緩和していく方針のようなので昨年のようなステイホームはなさそうです。そして、夏の小児科でのRSウイルス流行を鑑みると、昨年流行が抑えられてインフルエンザに暴露された人が少ない分、RSウイルスのように流行する可能性もあります。

正直、予測が全くたちません。インフルエンザウイルスワクチンなのですが、今年は製造数が限られているようです。

できれば、毎年のように可能な限り打っていただいたほうが良いと思います。最悪のことを考えると基礎疾患があるかたは打っておくことを推奨します。

6カ月から8歳でこれまでインフルエンザワクチン接種をしたことがない場合 or 昨年ワクチンを打っていない場合には4週おいて2回接種となります。昨年も打っている場合には1回接種で構いません。

コロナウイルスワクチン接種もしばらく継続しないといけないため、今年は受付窓口で予約とする方針といたしました。当日の受付はできない可能性があるためご了承ください。

2021.09.10 |

20分でできるアレルギー検査

目をこする人のイラスト(男性・花粉症)

意外と知られていないのですが、花粉症って秋にもなります。

ブタクサとヨモギが代表です。自分がアレルギーかもと思ったときには、これまで採血で数日結果が出るのがかかっていました。

当院でこのたび、20分で結果が出るキットを入れました。

allergyinsider.com/20min

ネコ、イヌ、ヨモギ、カモガヤ、ブタクサ、スギ、ゴキブリ、ヤケヒョウヒダニ

の8種類が検出できます。アレルギー検査を迅速に知りたい方は相談ください。

2021.09.10 |

自宅療養

何度かお知らせにも掲載していますが、自宅療養の情報を掲載しようと思います。広島でも過去最高を記録しており、市内では軽症者の自宅療養が本格的になってくると思われます。また、尾道・三原・福山でもじわじわと増えており、市内より脆弱な医療資源が枯渇するのはあっという間でしょう。

保健所も陽性者が増えてくるとフォローができなくなるのは東京・大阪を見ていると明らかです。

①一人暮らしの人は必ず、毎日連絡を家族などと取り合うようにしてください。
コロナウイルス感染症は時間単位で悪化してくることがあります。自分で救急車や医療機関に電話をすることが困難になるかもしれません。必ず一人暮らしの人は毎日誰かと連絡を取り合い状況報告をしてください。

自宅療養の良い資料ないかと探していたら、東京都港区の自宅療養者向けページがイラスト付きで分かりやすくまとまっていましたので掲載させてもらいます。

以前に東京都の自宅療養マニュアルのリンクを貼ったページもありますのでご参照ください。

何か疑問点などがあれば、問い合わせフォームから気軽にご連絡ください。

2021.08.26 |

デルタ(δ)ウイルス

JAMAに簡単なδ株のまとめがあったので紹介します。

従来の株と比較しても60%程度感染率が高い。
アメリカでもデルタ株の感染者数は増え続けており、徐々にではあるが入院者数・死亡者数も増えてきている、
16歳以上の1回目のワクチン接種が90%以上済んでいるアイスランドでも徐々に感染者数が増えている。ただし、アイスランドでは重症者・死亡者数増加の報告は(今のところ)ない。
ワクチン接種は、重症化を防ぐというのには効果を発揮していると推測される。

デルタ株を抑え込むのは非常に難しい課題だと思います。

ただ、1年以上世界中で蓄積されてきた基本的な新型コロナウイルスへのエビデンスもあります。今後もデルタ株以外の変異株との闘いもあります。そのためにも現在エビデンスがあることから基本的に行い、そのうえで新たなエビデンスを構築していく必要性があると思います。

2021.08.19 |