問い合わせ・相談
オンライン診療

お知らせ

  1. 瀬尾医院
  2. お知らせ
  3. お知らせ

お知らせ

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)

2022年4月からHPVワクチンの積極的勧奨再開が決定しました!

なぜ子宮頸がんワクチンをカッコしたかと言うと、HPVは女性だけでなく男性の陰茎癌や尖圭コンジローマなども防ぐことが明らかになっているからです。

女性だけでなく、男性も適応であれば打っておくべきワクチンです。

HPVワクチンを積極的に導入している国では子宮頸がんが劇的に減ってきています。年間14000人が罹患していると言われていますが、このうちの95%がHPVが原因とされています。

公費も拡大されるということですが、現時点では25歳以下の女性が打てば効果がみられるというエビデンスが多いため、その年齢の方はぜひとも打ってください。

ガーダシル(4価)、シルガード9(9価)とあります。シルガード9のほうが効果は高いですが、これまで公費負担はされていなく、当院では1回30000円となっています。公費での接種、自費での接種の相談などいつでもご相談ください。

2021.11.26 |

ハワイ州推奨医療機関リスト

当院がやっと、ハワイ州への渡航証明発行可能医療機関に指定されました!

と思ったのですが、11月8日からハワイへの渡航証明形式がアメリカと一緒になりTeCOTに登録してある医療機関であれば良くなったと通達がきました。これまでの医療機関はハワイ州推奨医療機関としてホームページには掲載していただけるようです。
今後、日本のコロナ感染状況が悪化するようなことがあれば指定医療機関のPCR検査のみになる可能性もあるとのことなので定期的なチェックが必要になりそうです。

アメリカ渡航で変更になった点を記載しておきます。
①ワクチン接種証明書(市町村が発行したもの)
②入国72時間以内のPCR/抗原検査(厚生労働省の認可済みのキットに限る)の陰性証明書

上記が必要になります。抗原検査でも可能になったようですが、ハワイ州はできうる限り、PCR・ハワイ州指定の陰性証明書を使用してくださいと通達がきました。抗原検査のほうが安くできますが、どちらにするかは個々に対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

2021.11.08 |

年末年始のPCR検査

年末年始に渡航・帰国される方から、年末年始の検査の問い合わせが増えてきました。

当院は、29日の午後~3日まで休診(3日は当番医)になっています。

新型コロナウイルスPCR検査は休日料金がかかりますが、年末年始もご希望があれば行います。メールフォームから問い合わせをお願いします。電話だと対応ができないことがあります。よろしくお願いします。

2021.11.04 |

アトピー治療

アトピー治療でステロイドなどを使用してもなかなか綺麗にならない小児がいます。食べ物やアレルギー除去、保湿などに気を使っても改善がなかなか見られず困っている人たちもいます。

アトピーは皮膚の問題だけでなく、傷んだ皮膚バリアから色んな抗原にさらされて、将来の食物アレルギーなどに関わっていることが分かっています。小児期の皮膚ケアは一生に関与してきます。

当院では、ステロイドを使用してもなかなか良くならない患者さんに対してJAK阻害薬の軟膏を処方しています。昨年に承認された新規の薬です。

これまでは16歳以上にしか使用できなかったのですが、小児にも安全性が高いことが東京慈恵会医科大学の調査で分かったため、小児への投与も可能になりました。

アトピーやアレルギーには様々な新薬と生物学的製剤が出てきています。興味がある方は是非、お問い合わせフォームからご連絡ください。

2021.10.20 |

糖尿病薬と心不全

コロナ感染が下火になってきたので、あんまりお知らせに書くことがないなと思っていたのですが、最近の治療薬のトピックを書きます。

糖尿病治療薬にSGLT-2阻害薬というのがあります。尿から糖分を出すことで血糖値を下げてしまおうと作られた薬です。

でも、この薬は最近になって糖尿病がない心不全患者さんにもとてもいい薬になる可能性があることが分かってきています。

糖尿病が長引くと血管が固くなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことは良く知られています。心筋梗塞が起こることで心臓の動きが悪くなり、動いたりすると息苦しくなったり、肺に水がたまって入院することになります。

エンパグリフロジン(ジャディアンス)という糖尿病薬があるのですが、これを糖尿病がない患者さんに投与しても低血糖はほとんど起こすことはなく、心不全による入院が20%程度も減少することが分かりました 「EMPEROR-Preserved試験」 。なぜ心臓に良く効くのかは(私には)はっきり分かりません。でも、そのような結果が出ているので、今後は糖尿病+心不全リスクのあり、入院歴のある患者さんには積極的に使用していこうと思っています。

2021.10.20 |