問い合わせ・相談

問い合わせ・相談

お知らせ

  1. 瀬尾医院
  2. お知らせ
  3. お知らせ

お知らせ

コロナウイルス濃厚接触とは(4月22日に改訂)

コロナウイルス感染者の数が増えるにつれて生じている問題があります。医療従事者や家族に対する偏見や接触を避けるような動きです。ここでは濃厚接触の定義を今一度振り返ります。

「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)」の感染可能期間(症状出現の2日前)に接触したもののうち、次の範囲に該当する者である。

・患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(社内、航空機内などを含む)があった者                                

・適切な感染防護なしに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者 

・患者(確定例)の気道分泌もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者                                  

・その他:手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者

国立感染症研究所ホームページからの引用です。

医療者は適切な感染防護なしに発熱患者や疑い患者と接することは現状ではほとんどありません。コロナ検査が陽性になった人と同じ空間にいたからといって、その場にいた全員が濃厚接触者でもありません。外出を自粛していたとしても、どこからコロナウイルスが入ってくるかわかりません。コロナウイルス陽性患者はクラスター対策の一環として、行動や働いている場所全てが公表されます。 しかし、そこで働いていた人たち全てが濃厚接触者、そこにいた人と接したから濃厚接触者ではありません。正しくコロナウイルス濃厚接触を理解してください。自粛要請でイライラやストレスが溜まっているとは思いますが、皆で地域を守っていく意識を持ちましょう。

例)適切な感染対策(マスク、ゴーグルなど)をして陽性患者と接している。

→濃厚接触にはあたりません。

例)陽性患者と車の中で会話をしていた。

→濃厚接触にあたる可能性が高いです。

例)陽性患者が働いていた同じ部署の人(無症状)と接していた。

→これだけでは濃厚接触にはあたりません。

2020.04.19 |

関節リウマチとCOVID19

当院でも生物学的製剤を使用してリウマチ治療を行っている患者さんがおられます。投与前に”免疫力が落ちることがあります。”と説明されて不安になっている方もおられると思います。アメリカリュウマチ学会より、お知らせがあったので掲載しておきます。

関節リウマチの治療をしているからといって特別に感染リスクは上がりません。しっかりと3密を避けて手を洗いましょう。コロナウイルスが流行している地域や病院などで治療している場合には、投与スケジュールの調整をしてもらってもいいかもしれません。

プレドニンを内服していて、処方が切れた患者さんは必ず病院受診をして継続処方してもらってください。感染が怖いからと病院に行かずプレドニンが無くなってしまうと副作用が出現することがあります。

コロナウイルスはACE2受容体を介して感染する可能性が示唆されています。高血圧薬でACE阻害薬、ARB(アンギオテンシン受容体阻害薬)があります。これらの薬がコロナウイルス感染との関連が示唆されるかもという研究結果がありますが、現状でははっきりてしていません。処方されている方は継続使用しましょう。

メトトレキセート(リウマトレックス)や生物学的製剤などは継続しましょう。コロナウイルス感染率は上がりません。

世羅周辺から広島市内や遠方に関節リウマチ治療に行っている患者さんで通院が不安な方は当院でも治療を継続可能ですのでご相談ください。

2020.04.17 |

コロナウイルスに対する情報と当院の対応に関して

瀬尾医院通院中の皆様へ 

三次でコロナウイルスの集団感染(クラスター)が発生した情報を聞いて不安になっている方も多いのではないかと思います。様々な情報が毎日のテレビで報道されており、多少困惑状態かと思います。情報を整理して発信していきたいと思います。

①どういう症状があれば疑うべきなのか?                 基本的には発熱(37.5℃以上の発熱)と咳が中心です。強い倦怠感、呼吸苦などの症状があると要注意です。指定医療機関の受診が推奨されます。最近になり味覚・嗅覚障害が取り上げられていますが、あくまで症状の一つと考えられます。

②疑ったらすぐに検査をしてくれるのか?                 広島県のホームページを見ると、相談窓口に連絡するようにしてあります。そこで対応するようですが、恐らく電話はつながりにくく、症状が出たばかりでは自宅待機するように言われると考えられます。 三原・尾道・世羅は東部保健所 (082)-513-2567 休日・夜間も同じ番号 

③どこの医療機関を受診したらいいのか?                 広島県の感染症指定病院には以下があります。               ①広島大学病院 ②広島市立舟入病院 ③福山市民病院 ④東広島医療センター⑤吉島病院 ⑥呉共済病院 ⑦中国中央病院 ⑧庄原日赤病院        呼吸苦、倦怠感が強い場合には近くの医療機関(かかりつけなど)に連絡して相談してください。

④軽い風邪症状がある時にはどうしたらいいのか?             軽い風邪症状の時には原則、自宅待機をするようにしてください。薬で少しでも楽にしたいといった場合には受診する前にかかりつけの医療機関などに電話連絡をしてください。

⑤基礎疾患がある人が重症化しやすいと言われているけど具体的には?    高齢者(70歳以上)、心不全、透析、腎不全と言われています。妊婦に関してはっきりとした情報はありませんが成育医療センターから情報が発信されています。https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/perinatal/bosei/covid_bosei_kusuri.html?fbclid=IwAR2FYGCHZWJkXNNtp6gKy895U1zd56BBTndFXRJkTsgoiweMo1ype3xh2bM                  この患者さんたちが集まっているのがデイケアなどの施設となります。施設で集団感染が起きると、重症者が一気に増えてしまいます。

⑥外出自粛が出ており、遠くの医療機関にかかっているが通院に不安。    世羅周辺からも遠くの病院に通院している患者さんがおられると思います。通院に不安がある場合、コロナ感染が落ち着くまで処方や診察であれば瀬尾医院でも対応いたします。電話でご相談ください。

⑦発熱があるけど瀬尾医院を受診して良いのか?              発熱があるからといって受診を断ることはいたしません。ただし、院内感染リスクを極力下げるため、受診前には電話で連絡をいただけると幸いです。なるべく、他の患者さんと一緒にならないように努力いたします。

2020.04.12 |