設備紹介

  1. 瀬尾医院
  2. 設備紹介

検査・治療機器

内視鏡(胃・大腸)

患者さんのご希望と器械の特性に合わせて、口からの内視鏡、鼻からの内視鏡の両方を行うことができます。
大腸内視鏡検査は、ポリープを見つけたときに、その場で切除する「日帰りポリープ切除」に対応しております。ポリープ切除を行った際は、経過観察入院(1泊)が可能です。

CT

レントゲンと同じX線を使って行う検査です。身体の断面を細かく撮影し、コンピュータを使って人体を輪切りにしたような断面画像や立体画像を得ることができます。
特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病気を見つけるのに、適しています。

エコー(頸動脈・心臓・肺・腹部・肝臓・甲状腺など)

人体に影響のない超音波を使って、身体の内部の様子を調べる検査です。
リアルタイムに身体の状態を把握することができます。例えば、頸動脈を見ることで動脈の詰まり具合を調べたり、心臓の弁の動きを見たりします。脂肪肝や胆石もわかります。

骨密度測定検査

骨折を起こしやすい腰の骨(腰椎)や足の付け根(大腿骨近位部)の骨密度を測定できます。骨密度を測る方法はいくつかありますが、最も正確に骨量を測定できるDXA法を使って、骨粗しょう症の診断をいたします。

レントゲン

X線を使って行う検査です。骨の写真を撮って、骨折の有無を調べるのに使います。
その他胸部を撮影すると、肺の中の影や心臓の大きさなどがわかります。
腹部の撮影では腸管ガスの異常や結石などがわかります。

各種血液検査

外注することなく、ほとんどの検査を院内で行えるようにしています。
検査結果を聞くためだけに来院していただく必要がありません。

血圧脈波検査(血管年齢測定)

血管の硬さや詰まり具合を測定し、動脈硬化の進行度を知ることができる検査です。

心電図

心臓の動きを波形に表し、異常がないかどうかを調べる検査です。

スパイロメーター(呼吸機能検査)

息を吹き込むことで、肺年齢や肺活量などの肺機能を測定できる機械です。
息切れ、呼吸が苦しい、咳や痰が出るなど、気管支喘息や肺気腫など肺の病気が考えられるときに行い、肺の病気やその重症度を診断します。